ラストチャンスのマンション購入へ

マンション購入を考えたときに、何をポイントに購入すれば良いか迷うことはないでしょうか?
ここではマンションを購入する際に役立つ3つのポイントを紹介します。

 

結論から言うと、「実家との距離」「勤務地との距離」「将来売却の可能性も考慮に入れること」の3点を考慮すれば満足できる購入ができる可能性が上がります。

 

・実家との距離
もし親が健在であれば意外に重要になるポイントが実家との距離です。
子供が小さければ親の協力は心強く、たまに子供を預けて夫婦で息抜きする時間をつくることができます。また、将来的に親の介護などが必要になることもあります。親の急な病気の際にもあまりにも距離があると面倒を見ることが大変になってしまいます。

 

・勤務地との距離
毎日通う会社まで距離が離れていると肉体的にも精神的にも負担がかかります。
通勤時間が30分変わるだけで往復1時間になり、退職まで考えれば膨大な時間を無駄にしていることになります。できれば勤務地に近いマンションを購入し家族との時間を確保したいものです。

 

・将来売却の可能性も考慮に入れること
マンションと戸建住宅との最大の違いは物件の流動性です。
戸建住宅だと貸しに出してもなかなか借り手は見つかりませんし、売却することも難しいと思います。

 

しかしマンションを購入するのであればある程度流動性があるので、購入時は貸しに出すことを考えていなくても物件を貸しもしくは売りに出しても買い手がつくマンションを考慮して購入するべきでしょう。

 

私がまだ独身の時、すでに両親は高齢で今までの宇都宮市の戸建てでは階段や段差など不便を感じるようになり、マンションのほうがいいんじゃないかと思いまじめていました。

 

その頃に母からもどこか引っ越したいと相談があり、意識して新聞の折り込み広告の住宅案内を見ていて、タイミングよく今の住まいの近所で両親も住み慣れた土地で新築マンションが建つと案内がありました。

 

高齢者の環境の変化はあまりよくなくて認知症とかの発症リスクも高くなると読んだことがあったので住み慣れた土地、商店街、病院などなど変化を少なくしたかったので「絶対ここ」と直感的に思いました。

 

マンションの展示場に行ってパンフレットをもらい価格表も入っていて私たちは階数を選ぶとゆうより価格でここしかダメと消去法のような感じで選びました。

 

ローンも両親は年金生活ですし私も毎日フルタイムで働いていましたがパート待遇だったのでどちらか一方ではローンが組めなくてまた、公庫も組めないとのことだったので銀行ローンしかダメで選択肢はありませんでした。
金銭的にもラストチャンスかと思いました。

 

このマンション購入はご縁があったような気がします。ある意味、場所も部屋もここしかダメ、ローンも今しかない!と選ぶとゆうよりしかたない感じになりましたが悩むことなくスムーズに決まっていきました。

 

大きい買い物ですがタイミング、ご縁に導かれ購入することができて、よかったです

PR|英語上達の秘訣|心の童話|ショッピングカート|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|サプリメント|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ